ITEM SIDE JOB STUDY

【Adobe CC】年末年始休暇中も「学割」で購入しよう!【社会人OK】

2020年12月24日

年末年始の休暇中などは、新たなスキルを身につける絶好の機会です。

この記事では、社会人が休暇中でも学割価格で「Adobe CC」(Adobe Creative Cloud)をお得に購入する方法をご紹介します。

休暇中に「Adobe CC」のスキルを身に着けて、新しい年の自分の可能性を広げることも、有意義な休暇の過ごし方だと思います。

「Adobe CC」(Adobe Creative Cloud)とは?

業界標準ツールのPhotoshop・Illustrator・Premiere Proなど「Adobe CC」は20種類以上のソフトが使える。

「Adobe CC」(Adobe Creative Cloud)は、デザイン・印刷・動画編集など幅広い分野の業界標準ツールともいえるソフト・アプリの集まりです。

「Adobe CC」をマスターすれば、YouTube動画の編集や、クラウドソーシングで副業を行うなど様々なチャレンジが可能になります。

そして、その「Adobe CC」にはお得に購入できる「コツ」があるんです。

社会人でも「学割」で買わないと「もったいない」

サラリーマン・主婦でも学割価格で買える。しかも、商用利用もOK。

「Adobe CC」を安心して買える購入先は以下になります。

Adobe CCを安心して買える購入先

  • 「Adobeストア」
  • 「Amazon」などの通販サイト
  • 「Adobe認定パートナースクール」

Adobe CC購入時に注意したいこと

「Adobe CC」は人気ソフトのため、「悪質な通販サイト」(激安などとうたっている)や、「フィッシングメール」などに気をつけなければいけません。

なので、できるだけ「信頼性の高い販売者」(Adobe・大手通販・認定パートナースクール)から購入することをおすすめします。

社会人が購入する場合の価格は以下の順番で安くなっています。

Adobe CCを安く買えるのは?

  1. 「Adobeパートナースクールの学割」(ソフト+講座)
  2. 「Amazon」
  3. 「Adobeストア」

また、認定パートナースクールでの「Adobe CC」購入は、「ソフトと講座のセット」になっています。

そして、実は、他でソフト単体で買うよりも、「Adobe CC講座」(ソフト+講座)を申し込んだほうが安く買えるんです。

しかも「学割」だけど「社会人もOK!」(講座を受講する前提なので学割が適用されます)

嘘のような本当の話です。

また講座の受講は自由です。ノルマは一切ありません。ようするに、ソフトだけ使用するのもOKということです。

しかも、「商用利用可能」なので、YouTubeやクラウドソーシングなどでどんどん利用できます。

その他フォントやクラウドも使えます(Adobeストアで購入した場合と全く同じです)

ただし、法人は申込みも利用もできません。

そして、年末・年始の休暇中などにも24時間申し込めるのがデジハリAdobeマスター講座です。

Adobe CCの1年間のライセンスと、1ヶ月の講座がセットになっています。

デジハリオンラインスクール「Adobeマスター講座」

 

「年末年始休暇中にはじめる」ならデジハリAdobeマスター講座がおすすめ

年末年始の休暇は、はじまる絶好のチャンス。

「デジハリ」(デジタルハリウッド)は、クリエイターをなどを多く輩出している「デジタルコンテンツ人材養成スクール・大学・大学院」です。

デジハリはAdobe認定パートナースクールとして、「学割価格でソフト付きの講座を実施することが可能」となっています。

デジハリ以外のAdobe認定パートナースクールはこちら

そして、デジハリの「Adobeマスター講座」は、なんと「年末年始休暇中も24時間申込可能」となっています。

基本的には、申込みして入金確認されれば、最短10分でシリアルコードが記載された案内メールが送られてきます(私が申し込んだ時も10分以内でした→デジハリAdobeマスター講座を申し込み・体験記した時の記事はこちら

そのシリアルコードさえあれば、ソフトの使用や講座の受講が可能になります!

Adobeの専用サイトから、Photoshop・Illustrator・Premiere Proなど使いたいソフトをダウンロードして、自分のパソコンにインストールしてから使用することになります。

Windows・MacどちらでもOKです(両方でもOK)

さらに、講座の動画は1.5倍や2倍速の再生も可能なので時短でスキルアップできます。

もちろん、次年以降も「Adobeマスター講座」に申し込めば、「学割価格で利用」できます。

1ヶ月前くらいに【Adobe Creative Cloud 更新方法のご案内】といった案内メールが送られてきますのでその手順に沿って更新すればOKです。更新時にソフトをアンインストールしたり、AdobeIDを再度取得したりする必要はありません。更新もカンタンです。

デジハリオンラインスクール「Adobeマスター講座」

「デジハリAdobeマスター講座」申込時の「注意事項」

注意事項としては、支払い方法を「クレジット決済」「コンビニ決済」にすることです。

「銀行振込」を選択するとソフトの使用や講座受講が遅れる可能性があるので注意してください。

「銀行振り込み」の場合は、入金の確認が休み明けになるので、シリアルコードの発行が遅れてしまい、結果、ソフトの使用や講座受講も遅れてしまいます。

また、申し込む時にはデジハリの案内メールがきちんと受信できるように「迷惑メール設定」などにも注意する必要があります。

もし、時間が経ってもシリアルコードの入った案内メールが届かない場合は、申込時のメールアドレスとパスワードでログインして「お知らせ」を確認する必要があります。

その他の注意事項や現在の価格などは「デジハリAdobeマスター講座」紹介ページで確認できます。

 

「Adobe CC」を学割価格ですぐ買える「デジハリAdobeマスター講座」

まとめ

  • 年末年始・お盆休みなどの休暇中はスキルアップのチャンス
  • 「Adobe CC」は、動画編集やデザインなどのクリエイティブ業界標準ツール。
  • 「Adobe CC」を学べば、YouTube・クラウドソーシングの副業などでも有利に。
  • 「Adobe認定パートナースクール」の「Adobe CC講座」なら社会人でも学割で購入可能
  • 「ソフト+講座」の料金が、パートナースクール以外のソフト購入価格よりも安い
  • 「商用利用」も可能です(ただし、法人は申込も利用もできない)
  • 「デジハリAdobeマスター講座」なら、24時間、申込み・シリアルコード発行ができる。
  • しかも、申し込みから最短10分で「Adobe CC」を使える(シリアルコード入手)
  • 注意点は「支払い方法」「メールが届かない場合の確認方法」
    →詳細はデジハリAdobeマスター講座説明ページで確認。

社会人でも、学割価格で、すぐ買える。

これ以上いうことの無いサービスです。

こんな人におすすめ

  • 「Adobe CC」を初めて購入する方。
  • クラウドソーシングで動画編集など「副業にチャレンジ」したい方。
  • もちろん、現在「すでにAdobe CCを使っている方」にもおすすめ。

私も何年も使っていますが「デジハリAdobeマスター講座」は、本当に満足度が高いです(価格・買いやすさ・講座内容

実際に申し込みをした体験記事(過去記事)もよろしければご覧ください。

「Adobe CC」購入を検討されているかたは、デジハリAdobeマスター講座をぜひ一度チェックしてみてください。

デジハリオンラインスクール「Adobeマスター講座」(ソフト付属)

この記事が皆さまの参考になれば幸いです。

最後までお読みいただきありがとうございました。

購入体験記
【社会人でも学割】「デジハリAdobeマスター講座」体験→最短10分で使える!

この記事では「社会人」でも「学割価格」で「Adobe Creative Cloud」(アドビ クリエイティブ クラウド:Adobe CC)が使えるオンライン講座「デ ...

続きを見る

スクール比較
【今年も継続中】Adobe CCを社会人でも学割で購入し続ける方法【スクール比較】

この記事では、私が続けているAdobe Creative Cloud(アドビ クリエイティブ クラウド:Adobe CC)の購入方法をご紹介します。 具体的には、ア ...

続きを見る

 


デジハリ・オンラインスクール WEBデザイン講座


デジハリ・オンラインスクール ネット動画クリエイター講座


デジハリ・オンラインスクール 3DCGクリエイター講座

 

 

 

    -ITEM, SIDE JOB, STUDY

    © 2021 シッテQ