【2023年版】初心者用おすすめ3Dプリンターエントリーモデルをご紹介【予算5万円】

2019年12月9日

【2023年版】初心者用おすすめ3Dプリンターエントリーモデルをご紹介【予算5万円】

この記事では「初心者でも扱える手ごろな3Dプリンター」をご紹介します。

私が3Dプリンターをはじめた時は、アメリカからの個人輸入するしかありませんでした・・・。

現在ではアマゾンなどの大手ネットショップでカンタンに手に入りサポートも充実してきています!

個人輸入したものをはじめ、現在まで多くの3Dプリンターを使ってきた経験から、初心者が扱いやすく「予算5万円」程度の良質なプリンターをご紹介します。

個人的には安全性が重要だと思っているので、ボックス形状の筐体のプリンターのみご紹介します。

3Dプリンターとは?

「3Dプリンター」とは一言でいえば「立体造形物を印刷する装置」です。

普通のプリンターは、書類などの「紙(平面)にインクを印刷」します。

一方、「3Dプリンター」は、インクの代わりに「樹脂などの材料を積み重ねる」ことで、平面(縦・横)だけでなく、「高さ」のある立体造形物を作り出すことができるのです。

自分で設計した形状はもちろん、ネット上にもフリーデータ数多く提供されています。

プリントボタンを押せば「欲しいものが目の前に現れる」のですから夢のような装置だと思います。

最近では価格もおさえられてきて、家庭での趣味等に利用するなど身近なものになりました。

初心者でも扱える手ごろなモデルもでてきています。

また趣味を飛び越えて3Dプリンターを新商品の試作見本や住宅などの立体パースなど仕事として活用されている方もいらっしゃいます。

作った造形物を「メルカリ」などで「ハンドメイド製品」として販売されている方もいます。

 

3Dプリンターの種類(初心者の選び方)

おすすめ造形方式

3Dプリンターの種類はさまざまありますが、初心者向けなのは「熱溶解積層方式」(FDM)になります。

一言でいえば、樹脂を溶かしてノズル(インジェクター)から出しながら、縦・横に加えて高さも積み上げていく印刷方法です。

ノズルから出た溶けた樹脂は「すぐに冷えて固まる」ので、その上に「積み上げていく」ことができます。

実際に3Dプリンターで印刷するイメージはこちらです。

 

 

おすすめ材料

熱溶解方式の家庭用プリンターの材料としては、「PLA」または「ABS」になります。

初心者向けには「PLA」(ポリ乳酸樹脂)フィラメントをおすすめします。

3Dプリンター材料のことをフィラメント(材料を線状にしてある)と呼びます。

その理由は?

 

「PLA」は「植物由来のエコな樹脂素材」(トウモロコシなどのでんぷんを発酵・結合してつくる)だからです。

全世界で「SDGs」への取り組みなど、プラスチックによる環境汚染が叫ばれている中、「PLA」のような持続可能型のバイオプラスチックの使用を個人単位でもしていくべきだと思います。

また「PLA」は、プリント中の匂いが気にならないなど、取り扱いが他の材料に比べて楽だとおもいます(プリント中は甘いにおいがします。喚起は必要です。)

 

おすすめ造形可能サイズ

初心者は小さめではじめた方がいいです。

まずは「10×10×10cm」程度でも十分だと思います。

造形可能サイズが大きくなるほど、価格が高くなり、プリンターサイズも大きく・重くなります。

十分に3Dプリンターに慣れてきてから、造形可能サイズアップを検討してください。

 

初心者向け3Dプリンター(プレゼントにもおすすめ)

それでは初心者おすすめ3Dプリンターのご紹介です。

選んだ基準は以下のとおりです。

選定基準

  • ボックス形状の安全性・安定性が高いもの
  • 初心者でも使いやすいエントリーモデル
  • 組み立て済み・もしくは半完成品
  • はじめやすい5万円前後の価格のプリンター

ボックス形状の方が不用意なケガが防げるのでおすすめです(やけどはもちろん、ノズルや駆動装置に手が挟まれたら大怪我します)

また、温度変化も少なくなり品質も向上しやすいという利点もあります。

ダヴィンチ nano w

日本トップシェアの「XYZプリンティング」のコンパクトなエントリーモデルです。

なんともかわいいデザインです。

完成済みなので箱を開けカンタンなセットアップをすれば使えます。

本体は全体がカバーでおおわれているので、お子さんと使用する場合も安心です。

小学生でも扱いやすい3Dプリンター入門モデルといえます。

このモデルは「Wi-Fi対応」なので、パソコンとケーブルなつなぐ必要なく置き場所に困りません(Wi-Fi無しモデルも有)

Windows の無料の3Dソフトである「3D Builder」にも対応しています(ソフトから簡単に印刷できます)

モデル名ダヴィンチnano w
メーカー名XYZプリンティング
造形サイズ120×120×120mm
使用可能フィラメントPLA(専用フィラメント)
プリンターのサイズ幅28×奥38×高36cm
重さ4.7Kg
ソフトウェアXYZmakerSuite ※3D Builderにも対応

 

ダヴィンチ Jr. Pro Xe+

「ダヴィンチ Jr. Pro Xe+」は、XYZプリンティングのスタンダード3Dプリンターです(組み立て済)

上位モデル(Jr. Pro X+)の廉価版(2万円超安い)となっており、違いは「ABS のフィラメントが使えるかどうか」です。

初心者にはABSはPLAフィラメントよりも「反りやすい」「プリント成功率が低下する」など扱いにくいことが想定されます。

なので、実売価格で約2万円以上安いこのモデルで十分だと個人的には思います。

17.5☓17.5☓17.5cmの造形物までプリントアウトできます。

本体サイズは42x 43x38cmで部屋にも設置しやすい大きさです。

クローズドタイプでかつ、フロントドアには「安全センサー」が付いており、プリント中に開けられた場合は一時停止するなど安全性が高いモデルです。

日本語対応の3.4インチLCDモニターも付いており、操作性も申し分ありません。

オープンフィラメントシステムなので、他社製のフィラメントも使用可能です(XYZプリンティング純正のフィラメントを使った場合はチップにより最適なパラメーターが適用されるメリットあり)

「自働キャリブレーション」「つまり検知システム」「脱着式プラットフォーム」「ディアル冷却システム」「WiFiによるワイヤレス接続」など便利な機能が満載です。

またエクストルーダーの機能拡張ができるのも特徴で、高硬度エクストルーダやレーザーモジュールに交換できます。

Windowsだけでなく、Macにも対応しています(対応Verなどは要確認)

モデル名ダヴィンチ Jr. Pro Xe+
メーカー名XYZプリンティング
造形サイズ175×175×175mm
使用可能フィラメントPLA・PETG(オプションエクストルーダで拡張可能)
プリンターのサイズ幅420×奥430×高380mm
重さ約13Kg
ソフトウェアXYZmaker Suite / XYZprint Hub

 

QIDI TECH i mates 3D Printer

「QIDI TECH i mates」は箱から取り出してすぐにプリントできる、組み立て済みの3Dプリンターです。

エントリーモデルですが、26☓20☓20cmという十分なサイズの造形物までプリントアウトできます。

オール金属フレームによる剛性や、フロントドア・トップカバーによる温度の安定化により、高い精度の印刷が可能となっています。

また造形物をプリントする土台となるビルドプレートは、磁気ビルドプレートフォームになっています。

造形物が完成したらプレートごと取り外し、少しプレートを曲げるだけで簡単に造形物を取り外すことができます。

中国のメーカーですがサポートもしっかりしているので安心です(24時間以内にメールで返信)

Wi-Fi接続が可能で、OSはWindows・Mac双方に対応しています。

モデル名QIDI TECH
メーカー名i mates 3D Printer
造形サイズ260×200×200mm
使用可能フィラメントPLA・ABS・TPU・PETG
プリンターのサイズ幅56×奥45×高42cm
重さ約21Kg
ソフトウェアQidi Tech slicer

 

 


 

3Dプリンターは、趣味の工作から仕事、お小遣い稼ぎ、副業にまで利用できます。

ぜひ、エントリーしやすい3Dプリンターで「初めの一歩」を踏み出してみてください!

最後までお読みいただきありがとうございました。

 


デジハリ・オンラインスクール 3DCGクリエイター講座

関連記事
Windows10付属「3D Builder」の使い方。「表札」を作ってみた。

この記事ではMicrosoft「3D Builder」を使った簡単なモノづくりをご紹介します。 Microsoftの「3D Builder」(3Dビルダー)とは? Windows1 ...

続きを見る

関連記事
Windows無料3Dモデリングソフト「3D Builder」の使い方→「トング」を作ってみた。

この記事ではMicrosoftの無料3Dモデリングソフト「3D Builder」を使った簡単なモノづくりをご紹介します。   今回は野菜をスライスするときに便利な「スライサーガード ...

続きを見る