【おすすめ】レンタル給湯器→お風呂だけなら「バスヒーター」でOK【ずっと使える】

2021年10月20日

【おすすめ】レンタル給湯器→お風呂だけなら「バスヒーター」でOK【ずっと使える】

給湯器が故障したものの、コロナの影響で給湯器の生産が滞っており「レンタル給湯器」で対応している家庭があると聞きます。

個人的には、入浴だけならお風呂の電気湯沸かし器「バスヒーター」でも十分しのげると思いますので紹介します。

私自身も給湯器の故障時から使いはじめました(気に入ってしまい給湯器修理後も使い続けています)

1回レンタルするよりも、安い金額でホカホカのお風呂に入れると思いますので気になる方はチェックしてみてください。

給湯器不足問題とは?

「給湯器不足問題」とは?

主にベトナムの給湯器工場(及び部品工場)がコロナ対策(ロックダウン)の影響を受けて生産されていないことが原因だそうです。

「半導体不足」で生産ができない自動車と同じ構図になっています。

新車を購入した知人は、納車がどんどん伸びて、今は2年後とあきらめ顔でした。

給湯器はより身近な問題なので本当に困っている方がいらっしゃると思います。

私も給湯器が故障したときは、1週間ほど銭湯ぐらしになりました。

銭湯が楽しいのは2~3日で、家でゆっくり入りたいと思うようになったのを覚えています。

ニュースによると新品の給湯器が生産されるまでは「レンタル給湯器」でその場をしのいでいるとのことでした。

レンタル給湯器とは?

「レンタル給湯器」は、給湯器を貸し出してくれて設置までしてくれるサービスです。

報道によると基本的には、給湯器の種別により、半年で数万円~10万円程度の料金のようです。

給湯器は、10万円~数十万円しますのでレンタル料金はそれほど高くないような気もします。

個人的にこのニュースを聞いて、数万円出すんだったら「バスヒーター」を買ってみればいいのにと思いましたのでこの記事で紹介したいと思います。

私自身も3年前に、給湯器が故障した時にはじめて「バスヒーター」を使いました。

給湯器が修理後できた後も「バスヒーター」を主に使って湯沸かし・保温を行っています(24時間風呂のように入浴を楽しんでいます )

「バスヒーター」は、お風呂の「湯沸かし」「保温」が可能です。

給湯器が修理された後も「保温」はもちろん「足湯」「子ども用プールの温水化」「災害時の湯沸かし」「屋外でのペットの入浴」などにも使えます。

給湯器が故障されるなどして、「レンタル給湯器」を検討したりするなど「お風呂の湯沸かし器が必要な方」は、よろしければぜひ参考にしてみてください。

バスヒーターとは?

「バスヒーター」とは一言で言えば「お風呂の電気湯沸かし器」です。

工事不要で、水を張ったお風呂に「バスヒーター」を入れてスイッチを入れるだけで「湯沸かし」「保温」を行ってくれます。

好みの温度に効率的に保温しつづけてくれるので、保温だけで使うのもおすすめです。

「バスヒーター」によって、「形状」「設置方法」(沈める・浮かべる)「付加機能」(クリーンフィルター・ゲルマニウム温浴・対流機能)などの違いがあります。

「バスヒーター」のメリット

バスヒーターの「メリット」

  • 「工事」がいらない
    →コンセントに差し込めばすぐ使える
  • 「安全性」が高い
    →漏電防止・空焚き防止・やけど防止などの機能
  • 好みの温度に「効率的に保温」してくれる(1時間3円〜5円程度)
    →お湯を直接温めているので効率的な保温が可能(保温だけで使うのもおすすめ!)
  • 「メンテナンス・お手入れ」が簡単
    →構造が簡単・SUS材・抗菌素材使用など
  • お湯を翌日も再利用すれば「水道代も節約」できる
    →一人暮らしの方など節約効果大です。
  • 「お湯の浄化・ゲルマニウム温浴」などができる機種もある。
    →お風呂がさらに清潔・快適になる。

「バスヒーター」のデメリット

バスヒーターの「デメリット」

  • 「湯沸かし」に非常に「時間がかかる」
    →機種や水温で変わるが4〜8時間程度はかかる。
  • 浴槽に「入れたまま入浴できない」
    →漏電防止などの安全防止がついています。ですがしてはいけません。
  • 「シャワー」が使えない
    →ただし、ポータブルシャワーを使えば可能です(過去記事で紹介しています)
  • 「入浴剤」が使えない(汚れ・腐食防止のため)
    →ただし使える入浴剤もあります(硫黄や塩分が少ないタイプ等:要取説確認)
    →バスヒーターを取り出してから入浴剤を入れるのはもちろん問題ありません。
  • 「湯沸かしコスト」が高い場合がある
    →基本的に天然ガスや灯油よりも高い。電気温水器同等(電気料金が同じ場合)
    電気料金計算サイトで「W数☓使用時間」を入力すれば簡単に算出できる(夏場5時間→約120円・冬場8時間→約193円)
    →ただし、バスヒーターは効率的な保温が可能であるためか、我が家ではガスと同程度の光熱費になっている。

バスヒーターの選び方のポイント

バスヒーターは、安全・安心を第一に選ぶべきです。
そして、電気での湯沸かしには時間がかかるので、できるだけハイパワーな機種がおすすめです。
また、安いものではないので、中古品などではなく、信頼できる販売業者から購入すべきだと思います。

バスヒーター選びのチェックポイントは?

  • ワット数の高いバスヒーター
  • 安全性の高いバスヒーター
  • 信頼性・知名度の高いバスヒーターメーカー
  • 信頼性のある販売業者からの購入(大手家電・大手ホームセンター・大手ネットショップ等)

おすすめできないのは?

  • お風呂用では無いヒーター(危険です)
  • 保温しかできないバスヒーター
  • 信頼性の低いメーカーの製品
  • 中古品(個人売買・ネットオークションなど)

【おすすめ】バスヒーター3選

現在おすすめできるのは以下のバスヒーターです。

①「沸かし太郎」

定番商品

沸かし太郎



沸かし太郎



沸かし太郎



沸かし太郎

メーカークマガイ電工 SUNART
商品名沸かし太郎
パワー(ワット数)910W
湯沸かし時間(目安)夏場3〜4時間、冬場7〜8時間程度
保温機能
温度調節範囲30~45℃(ダイヤルで設定可能)
安全機能水位異常感知装置(水位センサー)、異常温度上昇防止装置(温度センサー)、ヒーター異常過熱防止装置(温度ヒューズ)、過電流防止装置(電流ヒューズ)、漏電防止装置(コントローラー一体型漏電ブレーカー)
設置方法沈めるタイプ
循環機能無し
ろ過機能無し
ミネラル等無し
サイズ直径65×長さ392mm(本体部分)
重さ720g(本体部分)
収納収納スタンド付き
参考価格(目安)25,000円程度〜
その他水深8cmから使用可能(半身浴など)

「沸かし太郎」は、シンプル・コンパクト・ハイパワー設計の湯沸かしヒーター。

家庭用電源ではMAXに近い910Wの強力ヒーターで、湯沸かしが可能です。

腐食に強いステンレス(SUS316)に、無光触媒セラミックコート処理をしているので、抗菌・消臭効果が期待できます。

水深が8cmあれば使用できるので、半身浴であれば約半分の時間で湯沸かしが可能です(足湯ならもっと早い)

さらに、本体が水に浸かれば使用できるので、大きめのバケツなどでも湯沸かしが可能です。

「保温」だけで使ってもよし、「足湯」「子ども用プール」「災害時の湯沸かし」「屋外でのペット入浴」など様々なシーンで活用できると思います。

5つの安全機能を搭載しているので、安心して長く使うことができます。

温度は30度〜45度までダイヤルで簡単に設定可能です。

夏場のぬるいお湯から、熱いお湯まで自由自在です。

シンプルですが、様々な用途に利用できるおすすめの湯沸かしヒーターです。


【商品詳細・価格確認はこちら】

 

長期レビュー
【長期レビュー】「沸かし太郎」を2年間使った感想【お手入れ簡単】

お風呂の電気湯沸かし器「沸かし太郎」を使い始めて2年が過ぎました。 毎日快適に使ってきたのですが、2年が過ぎたのを機にお手入れしてみました。 この記事では、「沸かし太郎」が気になっ ...

続きを見る

 

②「スーパー風呂バンス1000」

超簡単設置

スーパー風呂バンス1000



スーパー風呂バンス1000



スーパー風呂バンス1000



スーパー風呂バンス1000

メーカーPAAG(パアグ)
商品名スーパー風呂バンス1000
パワー(ワット数)1000W(湯沸かし850W・保温150W)
湯沸かし時間(目安)夏場3〜4時間、冬場8〜9時間程度
保温機能
温度調節範囲あつ湯(44度)、ぬる湯(40度)
安全機能漏電遮断器、空焚き防止、安全用サーモスタット、温度ヒューズ
設置方法沈めるタイプ
循環機能エアーポンプ対流
ろ過機能
ミネラル等麦飯石セラミックボール・ゼオライトセラミックボール
サイズ29.6×19.9×14.8cm(本体部分)
重さ2.8Kg(本体部分)
収納収納ケース付き
参考価格(目安)40,000円程度〜
その他保温時の電気代は約6円/時間

「スーパー風呂バンス1000」は、強力な1000Wのヒーターで、お風呂に沈めるだけで、湯沸かし・保温が可能なバスヒーターです。

4重の安心設計「スーパーセーフティー」を採用しており、誰でも安全・安心に使うことが出来ます。

エアポンプによる対流促進作用でお湯をムラ無く均一に温めることができます。

お湯の温度設定は季節や好みによって、「あつ湯」(44度)、「ぬる湯」(40度)をワンタッチで選ぶことが出来ます。

2つのセラミックボールを内蔵した、ろ過フィルターも搭載しています。

誰でも簡単に、24時間風呂が実現できるおすすめバスヒーターです。


【商品詳細・価格確認はこちら】

 

 

③「湯メイク」

温浴効果

湯メイク



湯メイク



湯メイク



湯メイク



湯メイク

メーカークマガイ電工 SUNART
商品名湯メイク
パワー(ワット数)900W
湯沸かし時間(目安)夏場3〜4時間、冬場7〜8時間程度
保温機能
温度調節範囲30℃~45℃
安全機能循環ポンプ空運転防止、水位異常感知、水位センサー、回転センサー、ヒーター断線検知、漏電防止装置、温度ヒューズ、電流ヒューズ
設置方法浮かべるタイプ
循環機能強制循環ポンプ(循環・浄化のみでも利用可能:エコモード)
ろ過機能有り(活性炭クリーンフィルター)
ミネラル等銀イオン系抗菌セラミックボール、KDK麦飯石セラミックボール、KDK金属ゲルマニウムセラミックボール
サイズ直径226×高さ372mm(本体部分)
重さ2.8Kg(本体部分)
収納収納ケース付き
参考価格(目安)53,000円程度〜
その他浮遊タイプで出し入れが簡単。エコモード

「湯メイク」は、ハイパワーな900Wのヒーターを搭載したバスヒーターです。

水に浮かべて使う「浮遊タイプ」なので、出し入れが簡単です。

マイコン制御による11種類の安全装置が搭載されており安心・安全に使用できます。

「節水エコモード」を搭載しており、ヒーターを使用せずお湯の循環・浄化だけでも使用可能。

お湯の温度はダイヤル式で30〜45度まで自由に選べます。

毛髪や浮きゴミを除去するクリーンフィルターと、汚れや匂い防ぐ特殊活性炭でいつも清潔なお風呂を楽しめます。

さらに、抗菌効果と温浴効果を発揮する「温浴ケース」も付いています(銀イオン系抗菌セラミックボール、KDK麦飯石セラミックボール、KDK金属ゲルマニウムセラミックボール)

強制循環ポンプがついているので、浴槽の隅々まで均一に、保温・浄化することができます。

これ1台で、温浴効果まで期待できるいたれりつくせりのバスヒーターです。

姉妹品として「NEW湯美人」という機種も販売されています。

「湯メイク」に比べて一部機能が少ない(温度設定範囲38〜45度・節水エコモード無し)ですが価格が抑えられているので気になる方はチェックしてみてください。


【商品詳細・価格確認はこちら】

<湯メイク>

<湯美人>

まとめ:バスヒーターも候補に

まとめ

  • バスヒーターは工事不要のお風呂の電気湯沸かし器
  • スイッチを入れるだけで、湯沸かし・保温が可能
  • 保温だけのものもあるので注意(今回紹介した機種はすべて湯沸かし可能)
  • ただし、湯沸かしには非常に時間がかかる(夏場3〜4時間、冬場7〜9時間程度)
  • 保温は非常に効率的にできる(1時間3〜5円程度)
  • ワット数が高く・安全性の高いものを選びたい
  • 中古品ではなく、安全・安心を重視して新品を信頼できる販売者から購入することをおすすめ
  • バスヒーター初心者や低水位でも使いたい人は「沸かし太郎」
  • ろ過機能や対流装置付きなのに取り扱いが簡単な「スーパー風呂バンス1000」
  • 出し入れしやすい浮遊タイプで、抗菌・温浴効果も期待するなら「湯メイク」
  • 「湯メイク」とほぼ同等の、抗菌・温浴効果で価格が抑えられているのは「湯美人」

お風呂の湯沸かしや保温に関しては、「バスヒーター」という選択もあるということをお知らせしたくて記事にしてみました。

気になる方はぜひチェックしてみてください。

最後までお読みいただきありがとうございました。