ITEM TIPS

Adobe CS6アンインストールする?しない?【共存が便利】

2020年12月18日

「Adobe CC」(Adobe Creative Cloud)を導入して、「Adobe CS6」(Adobe Creative suite 6)をアンインストールする方もいますが、場合によっては「CS6」を残しておくほうが便利なことも多くあります。

一方で共存させると、「Adobe CC」サブスクリプション終了時に、永続版の「CS6」まで使えなくなるなどの注意点もある(対処法あり)ので紹介したいと思います。

 

「Windows10」では「Adobe CS6とAdobe CCは共存」できる

Windows10 スタートメニューのアプリパネル(CCとCS6共存)

もし、現在まで「CS6」を使い続けていて、新たに「Adobe CC」を導入した方は普通は「CS6をアンインストールする」と思います。

ですが、私と同じような使い方をしている場合、「CS6」を残しておいた方が良い場合もあります(便利な点はのちほど紹介)

私の「Windows10」PCでは、「Adobe CC」を新たにインストールしても、「Adobe CS6」を残しておくことは可能でした。

なので、「Adobe CC」と「CS6」の「共存状態」で使い続けています。

ただし、「Acrobat X Pro」と「Acrobat DC」は置き換わってしまうので、「Adobe CCのAcrobat DC」はインストールしませんでした。

 

(参考情報)「Adobe CC」を検討されている方は「社会人でも学割購入」がおすすめです(過去記事

 

「新しいMac」の場合はそもそも「Adobe CS6は使えない」

macOS Big Sur

Macで「CS6」を使い続けている人は、今CS6をインストールしているMacを大事にとっておいた方がいいかも知れません。

なぜなら最近のMac(Catalina・Big SurなどのmacOS)は、完全64bit化されていますので「Adobe CS6」(32bitが大半)はインストールできないからです。

なので新しいMacに買ったときに、古いMacを処分してしまうと「Adobe CS6」は使えなくなります。

また、macOSを不用意に「Catalina・Big Sur」(完全64bit)にアップデートして「CS6」などが使えなくなったという話もよく聞きます。

私は「Adobe CS6」をインストールしている古いiMac(27インチモデル:macOS High Sierra)を、

  • Adobe CS6を使い続けたいため
  • MacBook Proの外部ディスプレイとして使用過去記事)するため

に処分せずにこれからも使っていこうと思っています。

 

「Adobe CS6」を残しておいて「便利なこと」は何か?

ほとんどの機能は「Adobe CCの方が格段に進化」しています。

ですが、「CS6」を残しておくと便利なこともあるんです。

  • 「CS6」は買い切りなのでずっと使える。
    →「Adobe CC」との共存もできるので残しておいても損はない。
  • 「CS6」にしかないソフトがある。
    →オーサリングソフトの「Encore」など、「Adobe CC」には入っていないソフトがある。
    →「ncore」は、映像作品をDVDで納品することがある場合に超便利なソフト。
  • 「CS6」の方が使いやすいソフトがある。
    →「Acrobat」は「CS6」の方がダンゼン使いやすい。
    →「CS6」でのファイルのやり取りの方が便利な場合がある(小さなデザイン事務所など)

「Adobe Encore」は簡単にDVD・Blu-rayが作れるソフト

Adobe Encoreのテンプレート作ったメニュー

「CS6」に入っている「Encore」は簡単にDVD・Blur-rayが作れるオーサリングソフト

「Premiere・Photoshop」とも連携しているので、かっこよくて機能的なメニューが作りやすい秀逸なソフトでした。

メニューテンプレートなどのライブラリが充実していて、DVD・Blur-rayメニュー画面なども、プロレベルのものが一瞬で作れてしまいます。

「Adobe CC」には、残念ながらオーサリングソフトが含まれていないので、別途用意しなければならないことになります。

(参考)Encoreの代替ソフト候補

Encoreのように”使える”オーサリングソフトは非常に少なくなってきています(残っているのは海外製品が多い)
また、ネットでよく見かけるのが「オーサリング」といいながら、「ライティング」(データ書き込み)だけのソフト(メニューが作れない)です。注意して購入してください。

【Windows用ソフト】

日本の映像エンコーダー開発企業ペガシスによるオーサリングソフト
TMPGEnc Authoring Works 7(Amazon)

【Mac用ソフト】

簡単にメニュー付きのDVDができるオーサリングソフト(Blu-rayには対応していません)
DVD Memory DVD-ROM版(Amazon) 
DVD Memory ダウンロード版(Yahoo!ショッピング)

 

 

ただし「Adobe CS6」を使い続けるリスクもある

CS6はサポートが終了しているソフトなので、バグやセキュリティの脆弱性があってもアップデートなどで修正されることはありません。

また、将来CS6はAdobeの認証サーバーが廃止されインストール・使用ができなくなる可能性もあります。

なので、潜在的なリスクはありますので、使い続けるかどうかは自己責任にはなります。

 

Adobe CCサブスクリプション終了と共に永続版CS6が使えなくなる場合の対処法

永続版を使うのに、なぜかサブスクリプション更新を求められる!

通常購入していたCS6(永続版ライセンス)が、Adobe CCのサブスクリプション終了と同時に使えなくなる場合があります。

まれに発生するそうですが、私もライセンス認証エラーが起きました(上記)

その場合は、CS6用に新しいAdobeアカウントを取得して、CS6のシリアルコードを入力すれば使えるようになります(その他の対処法もあります。Adobeサポートページはこちらです)

 

「Adobe CC」「Adobe CS6」共存メリット・デメリットまとめ

まとめ

  • 「Adobe CC」と「Adobe CS6」は「共存」できる
  • 「CS6」は「Encore」など「Adobe CC」にないソフトが使える
  • 「CS6」の方が使いやすいソフトが存在する
  • ただし、バグ・セキュリティ・認証サーバー廃止などのリスクは存在する
  • 「Adobe CC」サブスクリプション終了時に「CS6」まで使えなくなった場合は、新しいAdobeアカウントを作ると使えるようになる。
  • あくまでもメインは「Adobe CC」を使いながら、必要な部分だけ「CS6」を使うのがおすすめ。

「Adobe CC」をアンインストールせずに、「Adobe CC」と共存させておけば、うまく使い分けすることができます。

編集動画の納品など、「DVD」も欲しいと言われるお客様は多いです(DVDが使い慣れている方なら当然です)

そういうお客様に「Encore」でメニュー付きのDVDを作って納品すると、本当に喜ばれますので、私はこれからもCS6を使い続けると思います。

 

この記事が参考になりましたら幸いです。

最後までお読みいただきありがとうございました!

 

関連記事
【今年も継続中】Adobe CCを社会人でも学割で購入し続ける方法【スクール比較】

この記事では、私が続けているAdobe Creative Cloud(アドビ クリエイティブ クラウド:Adobe CC)の購入方法をご紹介します。 具体的には、ア ...

続きを見る

関連記事
【社会人でも学割】「デジハリAdobeマスター講座」体験→最短10分で使える!

この記事では「社会人」でも「学割価格」で「Adobe Creative Cloud」(アドビ クリエイティブ クラウド:Adobe CC)が使えるオンライン講座「デ ...

続きを見る

関連記事
【Adobe CC】年末年始休暇中も「学割」で購入しよう!【社会人OK】

年末年始の休暇中などは、新たなスキルを身につける絶好の機会です。 この記事では、社会人が休暇中でも学割価格で「Adobe CC」(Adobe Creative Cl ...

続きを見る


デジハリ・オンラインスクール WEBデザイン講座


デジハリ・オンラインスクール ネット動画クリエイター講座


デジハリ・オンラインスクール 3DCGクリエイター講座

 

    -ITEM, TIPS

    © 2021 シッテQ