ITEM TIPS

「沸かし太郎」だけで最短時間でお風呂に入るには?

2019年12月2日

「沸かし太郎」でもっと早くお風呂に入ることはできる?

我が家で使い続けている、お風呂の電気湯沸し器「沸かし太郎」(わかしたろう)。

今回は「沸かし太郎」で「最短でお風呂に入る」にはどのくらいの時間になるのだろうか?というのを検証してみました。

電気バスヒーターの中でもハイパワーな「沸かし太郎」。

しかし、通常はどうしても通常6時間程度(水量200L)の時間が必要なんです。

そこで・・・なるべく早くお風呂に入る方法を検討してみました。

早く沸かすために「半身浴の水位」で実験しました

今回の早く沸かすためのアイデアは?

「半身浴できるだけの水位にする」です(単純です)

約20cmの水の量にします。

座って浸かると30cmくらいです(みぞおちくらい浸かれます)

※膝を立てて寝そべれば全身浸かれます。

普段の約1/2(約100L)になります。

水温約12度、気温約10度でスタート!

結果、湯沸し太郎で「半身浴するなら3時間」で入浴できる。

結果は・・・約3時間です。

水の量が1/2なので、時間も1/2です。

当たり前なのですが、実際に確認してみたかったんです。

「沸かし太郎」だけで「なるべく早くお風呂に入る」(半身浴)には約3時間必要ということです。

いざという時に「もっと早くあったまる方法」はないのかなと考えました。

実は、湯沸し太郎ならさらなる「裏ワザ」が使えるんです。

裏ワザ!湯沸し太郎は「水位8cmでも使える」メリットを活かす!

「沸かし太郎」は、シンプルな構造でしかも全体を横にして水につけるタイプなので「水位8cm以上で本体が浸かればOK」なんです。

※縦型のバスヒーターの最低水位は約30~40cm程度になります。

では「8cmの水位」だったら「どのくらいの時間でお湯になる」のか?

簡単です。

もう計算だけでわかります。

40Lのお湯を作ることになるので、約70分です。

実際にぎりぎり「沸かし太郎」が浸っている水位で沸かしてみました。

結果は、ちょうど1時間でした。

約一時間で体を洗うには十分なお湯はできます(半身浴はきびしいですが)

※ひしゃくは小さめのものがよさそうです。

さらに「湯沸かしを時短」するならば、お風呂ではなく「たらい」のようなもので「足湯」(20L)をすると考えれば約30分程度で適温にできるはずです。

同じような考え方で、赤ちゃんの「沐浴」にも使えそうです。

 

 

やっぱり「湯沸し太郎」は「余裕をもって使う」ほうがいい

「沸かし太郎」は、今回紹介したような様々な使い方ができます。

でも保温の得意な「沸かし太郎」。我が家ではやはり、

・「朝スイッチを入れておいて、帰宅してすぐほっかほかのお風呂入る」

・「深夜、もう一度入浴し、体をあっためてから就寝」

余裕をもって「湯沸し」をして「保温」をつづけておく「24時間風呂」に近い使い方。

我が家では「沸かし太郎」はこんな使い方が一番合っていますね。

お風呂をいつでもあったかくしておきたい方・24時間風呂に興味のある方には本当におすすめです!

 

<「沸かし太郎」大手ネットショップ商品ページはこちら>

 

<一緒に使うと便利なおすすめ湯温計>

風呂用温度計(舟形)※高齢者や子どもでも見やすい

水位アラーム&デジタル温度計※水位アラームが便利

赤外線温度計※非接触で一瞬で温度がわかります

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

-ITEM, TIPS

© 2020 シッテQ