【自宅脱毛】トリアレーザー脱毛器で青ひげを目立たなくする方法!【痛みなどデメリットもあり】

  • URLをコピーしました!

私は、ヒゲがとても濃く、剃ると「青髭」(青ひげ)になるのがコンプレックスでした。

なので、「高性能なカミソリ」「高価な電動シェーバー」、そして「脱毛製品」を色々試してきました。

針金のような太さ硬さなので、妻や子どもも嫌がります(触れると痛いらしい…)

そして、結局行き着いたのは「トリア・パーソナルレーザー脱毛器」でした。

私の場合、2週間に5~10分程度のお手入れで、1ヶ月を超えたあたりからだんだんと鼻下や口周りのひげが薄くなってきました(もちろん青ひげも目立たなくなります)

あくまで個人の感想・解決方法にはなりますが、同じ悩み・コンプレックスを持つ方へ参考までにご紹介したいと思います

目次

濃いヒゲ・青ひげは超コンプレックス→脱毛で解消したい!

青ひげを解消したい!

私は、体の毛は薄いのに「ヒゲだけが濃い」です(超コンプレックス)

そして「カミソリや電動シェーバー」で剃っていたのですが、どうしても「青髭」(青ひげ)になってしまいます。

実は、ヒゲを剃っても青ひげが目立つ理由は?

毛の太い部分の「切断面」が見えていたり、毛穴の奥にある「毛や毛根が皮膚から透けて見えている」からだそうです。


だから、いくらカミソリなどでキレイに剃ったとしても、青ひげは解消しない場合があるということだと思います。

逆にヒゲを伸ばしてみたこともあるのですが、

残念ながら、私は目鼻立ちがくっきりしていない薄い顔(しょうゆ顔)なので「ヒゲを伸ばしたとしても、全く似合いません」

そこで、

剃っても伸ばしてもだめなら「脱毛」しかない!

ということで、

毛抜きで抜いたり、光脱毛器、脱毛サロン・脱毛クリニックなど様々なことを試してました。

そして、最終的に「家庭用レーザー脱毛器」にたどり着きました。

私のたどってきた「青ひげ対策」の経験を通じて、「ヒゲ脱毛の種類や特徴」などを紹介したいと思います。

トリア・プレシジョン購入した経緯

私はヒゲが濃くて、剃ると「青ひげ」になってしまうのが悩みでした。

また、ヒゲを伸ばしても、まったく似合いません。

なので、色々な方法で「青ひげ」にならないようにヒゲを処理してきました。

ひげ剃り

最初は、「ひげ剃り」でなんとかしようとしました。

有名メーカーの高価な「カミソリ」「電気シェーバー」など色々試しました。

でも、私の場合は「ひげ剃り」で深剃りをしてしまうほど「青ひげ」になるんです。

ヒゲを剃っても目立ったり、青ひげになるのは、毛の太い部分の切断面が見えていたり、毛穴の奥にある毛や毛根が皮膚から透けて見えているからだそうです。

毛抜き

次に行ったのは「毛抜き」です。

「毛抜き」ならば、私の場合は、基本的に「青ひげ」になりにくいです。

ただし、膨大な数のヒゲを抜くのは時間がかかりますし、鼻や口まわりの毛を抜くのはとても痛いて辛いです。

また、毛抜きで抜いたとしても、毛は次々に生えてくるのでイタチごっこになり、毎日膨大な時間を使ってしまいます。

ラジオ通販で購入した振動で抜けるという機械も試しましたが、個人的には「手抜き」と大して変わりませんでした。

「毛抜き」も使っていくうちに上手になり、一日10分ほどの時間で、鼻の下や口まわりが処理できるようになりました。

個人的な「毛抜き」のコツは、きちんとした毛抜き(信頼性のあるメーカーのもの)を使って、力を入れすぎずに、毛をつかんで、最後までゆっくりと引き抜くことだと思っています。

先が斜めになっている毛抜きが使いやすいです。あと男性は、握る部分が太めの方がいいと思います(細いと指に食い込んで痛くなる)

「毛抜き」をしていた時は、青さは減りましたが、逆に皮膚の「赤み」や「ぶつぶつ」が増えてしまいました・・・。

このように「毛抜き」のデメリットは「埋没毛」「毛嚢炎」など肌のトラブルが発生する可能性が高くなることです。

(参考)リゼクリニック

サロンの無料体験

まず、「脱毛サロン」の無料体験に行ってみました。

無料体験にいってはじめて、サロンでは「光脱毛」しかないことがわかりました(レーザーは医療従事者しか他人に施術できない)

クリニックに通って脱毛

私のヒゲは、まるで針金のように固くて太いです。

なので、できればより効果の高い「医療用レーザー」を使って施術してもらいたいと思っていたので、同じ街にある「脱毛クリニック」に通うことにしました。

「レーザー脱毛」>「光脱毛」

の順番で高価が高いそうです。

レーザーと光の違いはトリアビューティーHPの次の図がわかりやすいです。

ちなみに「痛み」や「料金」もこの順番。

ただし、「レーザー脱毛」は医療機関のみで施術できます(麻酔なども受けられます)

2ヶ月ほど通い、ひげ剃りが楽になるなど、効果がでていたのですが「転勤」(引っ越し)で通えなくなり、あえなく通院を断念しました。

この記事では、「家庭用のレーザー脱毛器」を紹介しますが、一番効果的な脱毛はやはり医療従事者が出力の高いレーザー脱毛器で施術する「脱毛クリニック」だと思います。

また、レーザー脱毛はレーザーを毛根に照射したときに「痛み」を感じます。クリニック(病院)であれば、麻酔も利用できるので、痛みに弱い方は脱毛クリニックをおすすめします。

ちなみに、トリアでは「痛いので使えない」などどんな理由でも30日間返金可能なので安心して試せます(返送料金はユーザー負担)

転勤や転校など「引っ越し」で通えなくなる可能性がある場合は、全国展開しているクリニックをおすすめします。

(参考)おすすめのヒゲ脱毛クリニック

全国24院展開。剛毛なヒゲに強い熱破壊式レーザーで医療脱毛。
メンズリゼ

ヒゲチケットや、痛みを感じにくい脱毛器が人気の医療脱毛。
レジーナクリニックオム

家庭用脱毛器で脱毛

そして、「ひげ脱毛」という部分的な脱毛だったら、

  • 『通院しなくても自宅できるのでは?』
  • 『脱毛にかかるコストもおさえられるかも?』
  • 『自宅で簡単にできるレーザー脱毛器は無いのかな?』

と大手ショップで「家庭用のレーザー脱毛器」を探しました。

ですが、ネットショップでは「レーザー脱毛器」で検索しても「光脱毛器」がヒットするので、なかなか見つけられませんでした。

「レーザー脱毛器」を買ったつもりが「光脱毛」を買ってしまう人も多いのでは?と思います。

見つけられない理由は、

医療用レーザーを応用した

家庭用レーザー脱毛器は「トリア」のみ

だからでした。

家庭用医療レーザーの関連特許(目に安全な皮膚病学的処置装置など)を多く取得しているため他社が追随できなくなっているようです。

また本来医療用レーザーが使用できるのは医療用従事者だけですが、営利目的とせず、個人が自分自身に行う場合は問題ないそうです。

ただし、例えば友達の脱毛をしてお金をもらうなどの行為はNGとなります。

家庭でレーザー脱毛ができるのは「トリア」だけ!

医療機関やクリニックで使われている「医療用レーザー」を応用した唯一の「家庭用レーザー脱毛器」

それが「トリア・パーソナルレーザー脱毛器」になります。

「トリア」は、脱毛先進国であるアメリカに本社を置くグローバル企業であり、「FDA」(日本の厚生労働省にあたる)にも認可され脱毛効果が認められています。

「目に安全な皮膚病学的処置装置」など、「医療用レーザー」を応用して家庭で使用するための関連特許を多く取得しているため他社に追随されないようです。

そして、本来医療用レーザーが使用できるのは医療用従事者だけですが、営利目的とせず、個人が自分自身に行う場合は問題ないそうです。

友達の脱毛をしてあげてお金をもらうことなどはNG行為です。

それでは、色々遠回りして出会った、私の一番理想に近い脱毛器である「トリア」の「パーソナルレーザー脱毛器」を紹介します(メリットだけでなく、使ってみてわかったデメリットも紹介します)

トリアレーザー脱毛器の使い方・メリット・使用感

2種類のモデルの特徴とメリット・デメリット

トリアのレーザー脱毛器は2つのラインナップがありますので、その特徴を紹介します。

モデル名
参考価格48,000円(税込)36,000円(税込)
出力最大22(J/cm2最大20(J/cm2
レベル1~5(5段階)1・3・5(3段階)
連続使用時間約30分約15分
照射カウンター有り無し

私が愛用しているモデルは定番モデルの「4X」というモデルです。

毛根に届きやすい「医療用レーザー」を応用した、

唯一の「家庭用レーザー脱毛器」

です。しかも、

パワーも「22J/cm2」

と家庭用脱毛器の中でも最高峰となっています(単位はジュール)

また、スリムでスタイリッシュな「プレシジョン」というモデルもあります(連続使用時間など違いがあります→表参照)

家庭用光脱毛器は、パワーを非公開(ケノン・パナソニック)にしていたり、公開していても、例えばブラウンで6Jcm2とトリアの数分の1のパワーになっているようです。

トリアはレーザーでパワーが強い家庭用脱毛器といえますが、そのうえで「安全性」もとても高くなっています。

例えば、トリアのパーソナルレーザー脱毛器は、きちんと皮膚にあてていないと照射できない安全設計です。

なので一部の光脱毛器で使われている「サングラス」も不要です。

私が「4X」というモデルを選んだのは?

出力レベルを「5段階」に設定できるので、より自分にピッタリの出力ができそうなことと、何回レーザーを照射したのかがディスプレイ表示される「照射カウンター」があったほうが進捗状況がわかりやすそうだったからです。

個人的には、レーザー脱毛初心者の方なら「4X」をおすすめします。

慣れてきたらスタイリッシュな「プレシジョン」も良さそうです。「ヒゲ脱毛」だけならコンパクトな「プレシジョン」のほうが使いやすいのでは?と思います。

トリアパーソナルレーザー脱毛器の使い方

使い方は「かんたん4ステップ」です。

①ムダ毛剃毛→②保冷剤で冷やす→③レーザー照射→④保湿クリーム

具体的な使い方のイメージは?

STEP
ムダ毛剃毛

まずは、ムダ毛をカミソリや電動シェーバーなどでキレイに「剃毛」します。

できるだけキレイに剃っておいた方が効果的ですし、痛みも少なくなります。

ただし、毛抜きで抜くのはNGなので注意してください。

なぜなら、毛根の奥にある毛を育成する組織を破壊するのがレーザー脱毛ですので、毛根そのものがなければレーザーによる効果が発揮されないからです。

(参考)わかりやすいレーザー脱毛の説明(メディカル美容クリニック福岡)

STEP
保冷剤で冷やす

トリアのレーザー脱毛機を使う前に、氷や保冷剤で皮膚を冷やしておくと「痛み」を軽減できます(推奨されています)

麻酔効果のあるクリームを使う方もいるようですが、ベタベタしたままだとレーザー照射の効果が減ることもあるそうですので要注意です。

個人的には、メーカーが推奨しているように「保冷剤」を使いながら、痛いと感じればレベルをあげずに、気長に行ったほうがいいのではないかと思います。

STEP
レーザー照射

トリアのパーソナルレーザー脱毛器は「スイッチは一つ」しかないシンプルな設計ですので誰にでも簡単に扱えると思います。

「電源をオン」にして、さらにボタン押すと照射レベルを変えることができます(長押しすると電源オフです)

「4X」は液晶ディスプレイ付きです(レベル・照射カウンタ)
レーザー照射口に加え、冷却ファンの通気孔がついています。

ひげ剃り後の皮膚に、垂直にトリアの照射口をあてると、自動的に「ピプッ」という心地いい音がして一回のレーザー照射が終わります。

もし、皮膚に対して斜めになっていたりすると、「ブー」という音がしてレーザー照射されない「安全設計」です。

そして、照射口を「約5mm」ずつズラして照射していきます。

私の場合は、鼻下・口周りを「ピプ・ピプ・・・」と100程照射します(時間にして5分程度)

ピプっと一回照射したあとも、ほぼタイムラグなく使用できますのでストレスがたまりません(心地いいです)

この作業を2週間に1回行うだけなので、自宅で簡単にレーザー脱毛していくことができます。

2週間より短い頻度で行っても、効果は変わらないそうです(毛周期があるため)

「照射口のサイズ」は「4X」「プレシジョン」どちらも「10mm」ですので、鼻下などの狭い部位でも狙えます。

照射口サイズが同じでも、個人的に「プレシジョン」が「ヒゲ脱毛」しやすい理由は?

「ヒゲ脱毛」として行う鼻下や口まわりへのレーザー照射は基本的に鏡を見ながらおこなうのですが、「プレシジョン」は形状がスリムなので、どこにあてているか非常に見やすい点がメリットと言えると思います。

4Xとプレシジョンの照射イメージ

どちらのモデルでも最初は「レベル1」からはじめていきます。

そして痛みが少ないようならレベルを上げればさらに効果的です。

男性のヒゲ部分は毛の密度が高いので痛みを感じやすい部位になります。

私は、最初の1ヶ月はレベル2くらいまででレーザー照射していました。

1~2ヶ月ほどして、毛根が少なくなってくると痛みも減ってくるのでレベルが上げやすくなります。

その他注意点として、眉毛など鼻より上での使用は推奨されていませんので要注意です。

STEP
保湿クリーム

肌荒れや乾燥をふせぐために肌を整える保湿クリームやローションを塗って終了です。

私は「パイナップル豆乳ローション」というムダ毛ケア用のローションをお気に入りで使っています。

顔から全身につかえるローションです。人気の商品で、レビューも多いので気になる方はぜひチェックしてみてください。

(参考)パイナップル豆乳ローション

2週間毎のサイクルで使用する

私の場合は、2週間毎に同じお手入れを行っていき1ヶ月を過ぎたあたりから、段々と毛が薄くなるのと実感でき、約1年たった今ではほぼ生えてこない感じになっています(青ひげはもちろん解消です!)

ただし、継続していないとうっすら生えてくる部分もありますので頻度を下げながら続けています。

2週間より短い頻度でレーザー照射を行っても、効果があがることは無いそうです(毛周期があるため)

忘れないように私はトリアを使って脱毛する日をスマホのカレンダーに登録してリマインドしています。

痛みに弱い方などは?

痛みに弱い方は、自分でやるのが面倒な方、コストよりも短時間で効果的に脱毛したい方は、医療機関である脱毛クリニックがおすすめです。

公式サイトで購入した場合は、30日返金保証がありますので安心です。

(参考)おすすめのヒゲ脱毛クリニック

全国24院展開。剛毛なヒゲに強い熱破壊式レーザーで医療脱毛。
メンズリゼ

ヒゲチケットや、痛みを感じにくい脱毛器が人気の医療脱毛。
レジーナクリニックオム

(参考)トリアパーソナルレーザー脱毛器の動画

トリアレーザー脱毛器のデメリット

ここまで、使用方法や「メリット」をお伝えしましたが、実は「デメリット」もありますので紹介します。

【デメリット①】「レーザー脱毛による痛み」→ただし30日間返金保証あり

「トリア」は家庭用で唯一のレーザー脱毛器であり、使い心地も良いとてもおすすめな商品です。

ただし、「クリニックなどのレーザー脱毛」と同様、レーザー脱毛特有の「痛み」があることが最大のデメリットです。

痛みは個人差がありますが、氷や保冷剤などで冷やしながら行えば和らげることができます。

だんだんと毛根が減っていくと、それに伴って痛みもだんだんと減っていきます。

なので、個人的におすすめなのは?

無理して「高いレベル」でレーザー照射しない。最初は最低の「レベル1」から。

十分慣れてきたら、保冷剤を使いながらレベルをあげていくという、

急がず余裕をもった自宅脱毛がおすすめ

となります。

また、実は「トリア」では「痛いから無理」など、たとえどんな理由であっても「30日間返金保証」してもらえるようになっています。

コールセンターもあるので安心して相談や返却ができます

返送料は購入者負担になります。

この「30日返金保証」があるので、「レーザー脱毛をはじめたい方」はぜひ一度トリアを試してみることをおすすめします。

そして、もし「痛みが我慢できない」「自分に合わなかった」場合は、医療脱毛クリニックなど他の脱毛方法を選択すればいいと思います。

転勤で継続できなかった私の経験を踏まえると、全国展開しているメンズ医療脱毛クリニックがおすすめです。

(参考)おすすめのヒゲ脱毛クリニック

全国24院展開。剛毛なヒゲに強い熱破壊式レーザーで医療脱毛。
メンズリゼ

ヒゲチケットや、痛みを感じにくい脱毛器が人気の医療脱毛。
レジーナクリニックオム

【デメリット①】全身脱毛するには「時間」がかかる

トリアのパーソナルレーザー脱毛器なら「全身脱毛」もできるのですが、その照射口の小ささから全身脱毛を行うには「時間」がかかります。

基本的に全身に使えますが、顔は鼻より下、デリケートゾーン(VIO)はビキニライン(V)のみ利用可能です。

部位別の照射回数や所要時間の目安は以下の表のようになります。

部位照射回数目安所要時間目安
ヒゲ・鼻下約25回約3分
ワキ約100回約5分
ビキニライン・片方約200回約10分
太もも・膝下・片方約600回約30分
照射回数・所要時間目安

脚などの広い部位になると、少し大変になるかもしれません。

私の場合は、鼻下や口周りのヒゲだけの脱毛なので照射回数100回程度、所要時間5~10分程度で終わります。

個人的には、トリアのパーソナルレーザー脱毛器は「ヒゲ」や「ワキ」などの「部分脱毛」に最適な家庭用脱毛器だと思っています。

【デメリット③】家庭用脱毛器は初期投資が必要

家庭用脱毛器は、どうしてもある程度の「初期投資が必要」です。

「4X」の場合は5万円近い価格ですので、簡単に買えるものではありません。

光脱毛器でも10万円近くするものもあります。

ですが、トリアのパーソナル脱毛器はランニングコストがかからないので「初期投資だけでOK」とも言えます。

光脱毛器のようなランプの交換などは必要ありません。またメーカー保証を2年に延長することも可能。

「30日返金保証」もありますのでトライして損はしないと思います。

個人的には、サロンやクリニックに通う費用(施術料金・交通費)を考えれば「とても安い買い物だった」と感じています。

トリアレーザー脱毛器のお得な買い方

トリア・ビューティーのレーザー脱毛器は、「公式サイト」や「Yahoo!ショッピング」「楽天市場」に出店している公式ストアなどで購入できます。

「公式サイト」は、2つの特典がついているので要チェックです(実施状況は要確認)

トリア公式サイトの特典
  1. 通常1年のメーカー保証期間が2年に延長。
  2. 購入プレゼントがもらえる。

長く使っていきたいものですから、保証期間が長いのは安心できます。

一方、大手ショッピングサイトでは、ポイントを貯めたり使ったりできます。

まとめ

まとめ
  • ヒゲが似合わない私にとって、ヒゲは邪魔者でしかない(剃っても青ひげ→超コンプレックス)
  • 以前は毛抜で抜いていたが、どうしても追いつかないし、とても痛い。
  • 医療機関が行うレーザー脱毛などの「永久脱毛」と、非医療機関であるサロンでも行える光脱毛などの「美容脱毛等」(永久脱毛ではない)がある。
  • 効果は、「ニードル脱毛」>「レーザー脱毛」>「光脱毛」(ニードル脱毛は時間がかかることと、料金が高いのがデメリット)
  • 医療機関であるクリニックは効果も高いが、通うことや営業トークが面倒くさくなる(引っ越しで通えないリスクもある)
  • 「医療用レーザー」を応用した唯一の家庭用レーザー脱毛器は「トリア・ビューティー」のみ。
  • 「目に安全な皮膚病学的処置装置」など、「医療用レーザー」を応用して家庭で使用するための特許を多く取得しているため他社が追随できない。
  • トリアの脱毛方法は簡単。しかも、2週間に、1回レーザー照射していくだけです。
  • デメリットとしては「痛み」「照射口」が狭いこと。
  • レーザー脱毛はどうしても痛みが生じる(氷・保冷剤で冷やしながら、自分にあったレベルからはじめることが大事)
  • 使ってみてどうしても「痛み」が我慢できない場合は、「30日返金保証」でどんな理由でも返金できる。
  • ヒゲ脱毛には「照射口」が狭い方が有利だが、「脚」などの脱毛には時間がかかる。
  • 「4X」「プレシジョン」という2種類のレーザー脱毛器がある(初心者は出力レベルの細かい「4X」をおすすめ)
  • 「公式サイト」「楽天市場」などで購入できる。
  • 「公式サイト」で購入すれば、「メーカー2年間保証」+「プレゼント」の特典がある(要確認)
  • 個人的には効果を重視する家庭用脱毛器ならトリアだと思っています(特にヒゲ脱毛におすすめ)

最後までお読みいただきありがとうございました。

同じようなコンプレックスをお持ちの方、脱毛方法でお悩みの方の参考になれば幸いです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次