ITEM TIPS

【実際の料金】楽天モバイルはヘビーユーザーでも節約しやすい【家族利用は注意点あり】

自宅は、まだ楽天モバイルのエリアではないのですが「楽天モバイル+iPhone」で快適に使っています(楽天モバイルの使用感は過去記事参照)

楽天モバイルのエリア情報によると?

夏くらいまでには、自宅もエリアになりそうです。

ただし、今でも自動でパートナー回線(au)になっているのでエリアのことは全く意識せずに使えています

また、うれしいことがありました。

5月の料金がRakuten UN-LIMIT Ⅵのステップ型料金の恩恵を受け、1,000円安くなりそうです。

「3,278円」だと思っていたのが、データ使用量が思ったより少なく「2,178円」になります。

そもそも楽天モバイルの料金プラン「Rakuten UN-LIMIT Ⅵ」とは?

Rakuten UN-LIMIT Ⅵとは?

  • データ使用量が少ない場合は「0円」の場合もあるとても良心的なプラン
  • しかもデータ使い放題で、いくら使っても「税込3,278円」
  • iPhoneにも「正式対応」した(iPhone6s・iOS14.4以降)

など、「良心的なプラン」で、しかも「どんどん使いやすく」なっている印象です。

なので、家族みんなも楽天モバイルにしてしまおうとしたのですが、実は注意しないといけない点もあります。

注意が必要な点

  • 「2回線目以降」を家族にそのまま使用させると「プライバシーの問題」(カード利用情報が見れる)がある。
  • 「2回線目以降」は、データが少なくても「0円」にならない
  • 「18才未満の子供の加入にはいくつかの条件」がある。

この記事では実際に使用してわかった「楽天モバイルのメリット・デメリット」について紹介してみたいと思います。

使い放題最高
【自宅はエリア外】iPhoneでRakuten UN-LIMITを使ってみた感想【使い放題最高】

楽天モバイルの料金プラン「Rakuten UN-LIMIT V」(5)に加入してみました。 ただし、自宅は「楽天モバイルのエリアでは無い」し、使いたい端末は正式サポ ...

続きを見る

 

Rakuten UN-LIMIT Ⅵは良心的なプランです(思ったより安くなった!→狙って節約もできる!)

「my楽天モバイルアプリ」画面

5月31日の夜に「my楽天モバイルアプリ」で月のデータ使用量・使用料金を確認してみました。

5月のデータ利用量は「18.45GB(ギガバイト)」でした。

グラフは「黄色い円グラフ」で描かれており、下の方には「ステップ型(段階)の料金がわかりやすく表示」されています。

楽天モバイルの「Rakuten UN-LIMIT Ⅵ」はデータ利用量が少なければ月額料金が減額される、うれしい料金体系です。

Rakuten UN-LIMIT Ⅵのステップ型料金

私の5月の料金は「20GB」に収まっているので、「2,178円」(税抜だと1,980円)になりそうです。

大手キャリアの20GBプランよりも1,000円節約できました。

ドコモ(ahamo)、KDDI(povo)、Softbank(LINEMO)は、同じ条件で3,278円~になります(20GB未満使用・かけ放題あり)

 

私も、いつもの使いかたなら、30~50GBは使うので、3,278円(税抜だと2,980円)の料金になります。

いつもデータ通信しているヘビーユーザーなのですが、自宅や事務所のWi-Fiエリアにいることが多かったので20GB以内に収まりました(嬉しい!)

ちなみに仕事中でもストリーミング音楽を再生していて、VOD(ビデオオンデマンド)映画も観まくっていますのでだいたい30~50GBです(多いときは70GB)

「my楽天モバイルアプリ」で自分のデータ使用量をチェックしていけば、「狙って節約」もできそうです。

個人的には、ストレスなくスマホを使いたいので「狙って節約」ではなく「節約できてラッキー」でいいと思っています。

楽天モバイルの「Rakuten UN-LIMIT Ⅵ」なら、たとえ100GB使っても月額3,278円(税抜だと2,980円)です。

他社の格安プランでもしも100GB使ったとなると大変なことになります。

ドコモ(ahamo)、KDDI(povo)、Softbank(LINEMO)で20GBを超えてデータをおかわり(データチャージ)すると、各社とも税込550円/1GBの追加料金かかります。なので100GB使ったとすると80GB分の44,000円プラスという恐ろしい料金になります。

個人的には、20GBのプランでおかわりするくらいなら早めのプラン変更をおすすめします。

楽天モバイルの場合のデータチャージ(おかわり)は他社と異なり、「パートナー回線のデータ高速モードの容量」(5GB)を使い切った場合に追加することができるものです。

パートナー回線のデータ高速モードは「my楽天モバイルアプリ」スイッチで簡単に切り替え(高速モード⇔通常モード)できます(いざという時だけONにすればOK)

ただし、パートナー回線の高速モードを利用しない場合(通常モード利用の場合・高速モードを使い切った場合)でも、最大1000bpsの速度が出ていますので、個人的には使うことはまずありません(音楽・YouTube・VODなどのストリーミング再生もできるレベルです)

もちろん、楽天回線を使っている場合は、無制限なので追加の概念はありません(詳しくは過去記事、もしくは楽天モバイルのHPで確認してください)

 

 

iPhone正式対応スタート。iPhone6sでもう1回線契約してみた。

楽天モバイルでは、5月からiOS14.4以降のすべてのiPhoneで正式に使えるようになりました。

iPhone6s以降のiPhoneになります。

お持ちのiPhoneが対応しているかどうかは楽天モバイルのサイトで簡単に確認できます。

Rakuten UN-LIMIT ⅥのiPhone対応機種確認

我が家ではiPhone6sが余っていたので、私名義の契約の2回線目として家族用(成人)の申し込みをしました。

楽天モバイルのホームページで申し込めば数日でSIMカードが送られてきます。

スタートガイドの通りに、SIMカードをiPhoneに入れるなど数ステップで開通できます。

もちろん問題なく使えるのですが、私の名義にしたことで「問題点」や「もったいない点」が出てきました。

 

 

複数回線の契約は注意必要!→1人1回線契約をおすすめします

私の契約の2回線目(サブ回線)で家族用(成人)の申し込みをしてしまったのですが、実は「問題点」「もったいない点」があります。

  • Rakuten Linkアプリでカードの利用情報などがサブ回線でも見れてしまう
  • サブ回線では、0~1GBの場合の料金(無料:0円)が適用されない(税込1,078円~)

問題①:Rakuten Linkアプリでカードの利用情報などがサブ回線でも見れてしまう

通話やSMSなどで利用する「Rakuten Linkアプリ」では、「楽天カード利用明細」「楽天証券」「楽天銀行」などの情報が見れてしまいます。

楽天モバイルは、楽天カード以外でも契約できますが、メリットが大きいので楽天カードを利用して使いたいところです。

「my楽天モバイルアプリ」で同契約のデータの使用量が見れてしまう。

「Rakuten Linkアプリ」では、楽天カードの利用明細も見れてしまう。

カード情報はいくら家族でも見られたくないところです・・・

 

解決策としては、面倒くさがらず別回線で契約すればいいだけです。

 

問題②:サブ回線では、0~1GBの場合の料金(無料:0円)が適用されない(税込1,078円~)

Rakuten UN-LIMIT Ⅵは、データ利用量が1GB以内に抑えられれば、月額料金が無料という夢のようなプランです。

ですが、適用されるのは1回線目(主回線)のみで、2回線目(サブ回線)には適用されません

サブ回線では、たとえ1GB以内であっても、税込1,078円となります(実にもったいない!)

なかなか1GB以内のデータ利用量は難しいとは思いますが、ほぼ受信用として使っている人もいますし、我が家でも適用されるのでは?と少し期待しています。

こちらも、解決策としては、面倒くさがらず別回線で契約すればいいだけですね。

普通に自分の口座・クレジットカードで契約するのが基本ですが、支払いを保護者などにしてもらう契約も可能です。

ただし、契約者名義と支払者名義が異なる場合は、楽天モバイルショップ(店頭)での申込みが必要になります。

 

解決策:楽天モバイルの契約は、契約者毎に行う!

複数回線では上記のデメリットがありますので、

楽天モバイルを快適にお得に使うには、1人1回線で契約するのがベストです。

私はその後家族に譲渡して家族名義にしました(WEBと書類郵送でできます)。これで1GB以下の場合は0円の可能性もあります。

おそらくですが、楽天グループとしても、楽天カード支払いで楽天モバイルを1人1回線ずつ使って欲しいので、こういったサービス内容(一番オトク)にしているのだと思います。

そして、「楽天カード」を使って「楽天モバイル」を契約すれば、「ポイントも貯まる」し「携帯料金もポイントで払える」などお得な使いかたができます。

楽天カードは完全永年無料ですし、本当に色々なところでポイントがつくのでおすすめです。

私自身、いままで楽天モバイル料金を、貯めた楽天ポイントでしか支払ったことがありません。

おすすめの契約方法は?

上記理由により、

楽天カード」を用意して「1人1回線」で「楽天モバイル」の契約を行うことを強くおすすめします。

 

最強カード
「楽天カード」(FCバルセロナ)に加入してみた感想→3つのコツで年間5万ポイント貯まった!

FCバルセロナのデザインのカードが欲しくて、楽天カードに加入してみたら1年で5万ポイントが貯まっていたことを紹介します。   「FCバルセロナ」デザインの ...

続きを見る

 

 

 

 

18歳未満の場合は楽天モバイルショップ(店頭)での申込みのみ


フィルタリングサービスの必要性がわかる動画(YouTube)

18歳未満の未成年の方が、楽天モバイルに申し込むには主に以下の条件があります。

18歳未満の主な契約条件

  • 保護者同伴の上、楽天モバイルショップ(店頭)での申し込みが必須
  • 「あんしんコントロールby i-フィルター」(税込月額330円)の契約が必須

※「青少年インターネット環境整備法」により、どのキャリアでも同様のフィルタリングサービスへの加入が必要になっています。

少し面倒くさいような気もしますが、個人的には、

子供のスマホ(インターネット)利用には、「フィルタリングサービス」は必須だと考えていますので、店頭で親子で説明を聞きながら申し込むのもいいかなと思います。

18~20歳は少し条件が異なります(楽天モバイル説明ページで確認してください)

我が家では、現在、子どもたちにはb-mobileの990 JUST FIT SIM(990 ジャスト・フィット・シム)をiPhoneに入れて使わせています。

主に連絡用として使用しています。

b-mobileの990 JUST FIT SIMは、税込1,089円で1GBまでのデータ容量が付いた通話やSMSが使える格安SIMです。

我が家では、みんなiPhoneを使っているので、通話はFaceTime、メッセージはiMessegeなのでほぼ月額料金のみで使えています。

b-mobileの990 JUST FIT SIMは、iPhone以外に通話をする場合でも専用アプリを使用して11円/30秒、SMSは送信3円・受信無料と非常に良心的な料金体系なのでおすすめです。

b-mobileは未成年の契約はできませんので、保護者が契約することになります。

未成年の使用の場合は、楽天モバイル同様原則としてフィルタリングサービスへの加入が必要です。

もしくは、フィルタリングサービスを利用しない申し出などが必要。

我が家では、iPhone自体の制限機能(スクリーンタイム)で、一部以外のインターネット閲覧を制限し、通話やSMS専用にしています。

近くに楽天モバイルの店舗ができるまではこのままb-mobileのJUST FIT SIMにしておこうかと思っています。

b-mobileの990 JUST FIT SIMは、ドコモ回線で利用できるのでエリアの心配等が少なく、その上十分にお安く、またWebだけで申し込める点がおすすめです。

iPhone同士だと「探すアプリ」の「人を探す」「デバイスを探す」などで、子供の居場所がGPS情報で確認できるので安心です。

 

 

 

まとめ

こんな方におすすめ

  • 「my楽天モバイルアプリ」は、データ使用量が非常に見やすい→チェックしておけば節約も可能
  • 5月はデータ使用量が「20GB」に収まっているので、「2,178円」(税抜だと1,980円)になった!
  • 容量を気にせずヘビーに使っているが、たまたま「20GB」になったので嬉しい(Wi-Fiエリアに多く居たから)
  • 大手キャリアの格安プランにくらべ同条件だと1,000円以上お得になった(データ20GB以下・かけ放題あり)
  • 大手キャリアの格安プランの場合は、20GBを超える場合、税込550円/1GBの費用がかかるので注意が必要。
  • 20GB前後のデータ使用量の方は、楽天モバイルか、日本通信の合理的20GBプランをおすすめ(どちらも良心的に感じる)
  • iPhoneにも正式対応したので、iPhone6s以降をお持ちの方は要チェック
  • 楽天モバイルを一番便利にお得に使うには、「楽天カード」を用意して「1人1回線」で「楽天モバイル」の契約をするがおすすめ。
  • 18歳未満が楽天モバイルを使う場合は、店頭でフィルタリングサービスとともに契約する必要あり(保護者同伴)
  • 連絡用(通話・SMS中心)で、お安くスマホを利用するには、b-mobileのJUST FIT SIM(税込1,089円)もおすすめ。

 

楽天モバイルは、「iPhoneに正式対応」したり、「my楽天モバイルアプリ」が使いやすくなったりと進化しています。

料金も非常に良心的になっており、Rakuten UN-LIMIT Ⅵは、データ容量をあまり使わなければ月額料金がなんと無料(0円)、しかも使い放題でも税込月額3,278円という「ライトユーザー」から「ヘビーユーザー」誰にでもマッチする料金プランです。

家族契約をするときでも「1人1回線」にするという注意点だけ気にしておけば、すべての人におすすめできると思います。

また「月々のプラン料金が3ヶ月無料で使える」加入キャンペーン(2021年6月現在・諸条件あり)などを行っている場合もありますので、気になる方はぜひ楽天モバイルのキャンペーンページをぜひチェックしてみてください。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

この記事がみなさまの参考になれば幸いです。

 

使い放題最高
【自宅はエリア外】iPhoneでRakuten UN-LIMITを使ってみた感想【使い放題最高】

楽天モバイルの料金プラン「Rakuten UN-LIMIT V」(5)に加入してみました。 ただし、自宅は「楽天モバイルのエリアでは無い」し、使いたい端末は正式サポ ...

続きを見る

最強カード
「楽天カード」(FCバルセロナ)に加入してみた感想→3つのコツで年間5万ポイント貯まった!

FCバルセロナのデザインのカードが欲しくて、楽天カードに加入してみたら1年で5万ポイントが貯まっていたことを紹介します。   「FCバルセロナ」デザインの ...

続きを見る

 

 

    -ITEM, TIPS